ニュースニュース

こんな植物があります

 花コラム 2013/08/30

 こんにちは 園長の佐原です。まだまだ昼間の残暑には厳しいものがありますが、朝晩の涼しさには秋を感じますね。酷暑に耐えてきた園内の植物には、何か愛おしさを感じます。

 今回は大温室メキシカンガーデンにある珍しい植物「キソウテンガイ」を紹介します。奇想天外なんて名前からして変ですが、これ正式な日本名なんです。何が珍しいかというと、この「キソウテンガイ」はアフリカ南部のナミブ砂漠に原生する奇怪な植物で、1000年ちかい樹齢があるにもかかわらず、一生のうちにたった2枚の葉しか出ません。対になった2枚の葉が伸び続けるだけというのです。大株になると葉脈に沿って裂けることから、何枚かあるようにも見えますが、元の2枚は変わりません。原産地のナミブ砂漠では、巨大なタコが何匹も海の上にのたうつように見える風景が有名です。

 当園のものは10年前のリニューアル時に植えられました。樹齢は20数年になると思いますが、2枚の葉が1年に3〜4cmのペースで伸び続けています。

 

20130830-kisoutengai.JPG

 

20130830-kisoutengai-up.JPG

前の記事  花コラム一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、
商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます

カテゴリー別に表示カテゴリー別に表示

花ごよみ花ごよみ

フラワーパークの花のみごろ時期を1年間のカレンダーでご案内。

花の見頃時期カレンダー花の見頃時期カレンダー

花の見頃時期をチェック!

交通アクセス交通アクセス

静岡県浜松市西区舘山寺町195番地(かんざんじちょう)
東名浜松西インターから車で15分

交通アクセス交通アクセス

アクセスマップ詳細はコチラ

YAHOO地図で見る