ニュースニュース

こんな花があります

 花コラム 2013/06/28

 こんにちは 園長の佐原です。今年の空梅雨も後半に入り、やっと梅雨らしくなってきました。園内の植物もみずみずしさに溢れ、木々の新芽も力強さを感じさせるようになりました。同時に、たくましく育つ雑草との戦いも始まり大変です。

 ハナショウブからバトンタッチされたかのように園内の池では夏の花、ハスの開花が始まりました。ハスは食用として、また仏花として多くの人々に親しまれています。また観賞用としても400余品種に及ぶ、多くの品種が作出されています。

 その中でも今回は大変なロマンに満ちた「オオガハス」をご紹介します。1951年にハスの研究者である大賀一郎博士が千葉県検見川地下の泥炭層から縄文時代の丸木舟とともに、約2000年前のものと推定されるハスの種子3粒を発見しました。そしてその種子を発芽させたところ1粒が生育開花しました。人々は植物の持つ生命力のすばらしさに感動し、当時の大ニュースとなりました。その後、そのハスは「オオガハス」と命名され、日本各地に分根されたのです。フラワーパークでは「水鳥の池」の一角に植栽し毎年この時期、花を楽しんでいただいております。あなたもフラワーパークで縄文時代にタイムスリップしてみてはいかがですか。

 

20130628-oogahasu-flower.JPG

 

20130628-oogahasu.JPG

前の記事  花コラム一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、
商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます

カテゴリー別に表示カテゴリー別に表示

花ごよみ花ごよみ

フラワーパークの花のみごろ時期を1年間のカレンダーでご案内。

花の見頃時期カレンダー花の見頃時期カレンダー

花の見頃時期をチェック!

交通アクセス交通アクセス

静岡県浜松市西区舘山寺町195番地(かんざんじちょう)
東名浜松西インターから車で15分

交通アクセス交通アクセス

アクセスマップ詳細はコチラ

YAHOO地図で見る