園内の様子園内の様子

夏の花々

7月の園内の様子 2019/07/19

雨の多い7月ですが、皆様はいかがお過ごしですか。

農作物も日照不足で収量が落ちるなど影響もあるそうです。

フラワーパークの温室内では梅雨空を吹き飛ばすようなトロピカルな花々が咲いてます。

   

    ハイビスカス           メディニラ・マグニフィカ

ハイビスカスはアオイ科の植物で熱帯から亜熱帯原産で、ハワイなど南国を連想する

花として親しまれています。花が食用になる種類もあります。

メディニラ・マグニフィカはフィリピンが原産のノボタン科の植物です。

パラシュートのように垂れ下がるピンクの部分が苞葉で、その下にブドウの房のような

花房があります。花びらもピンクでとても可愛らしい花です。

   

     インドソケイ           ハゴロモコンロンカ

インドソケイは中米原産のキョウチクトウ科の植物で、プルメリアの名前で

親しまれています。白やピンク、黄色の可愛らしい花には芳香があり、熱帯地域を代

表する花木です。

ハゴロモコンロンカは中央アフリカ原産のアカネ科の植物で、赤い筒状の花を

咲かせることから英名はファイアースパークと言われています。

   

   オオバナサルスベリ        アルストロキアギガンテア

オオバナサルスベリは熱帯アジア原産のミソハギ科の植物で、紅紫色のさわやかな花です。

葉を煮出した茶が古くから健康茶として飲まれ、今では抽出されたエキスが錠剤として

広く生活習慣病の予防に活用されています。

アリストロキアギガンテアはブラジル原産のウマノスズクサ科のつる性植物で、

花の形がとれも奇妙で印象的です。

   

   温室内装飾展示

トロピカルな雰囲気で彩られた温室内は戸外より涼しく、

夏の暑さで疲れた体を花々が癒してくれます。

7月27日~9月1日まで不思議な植物展(食虫植物)が開催されます。

 

世界の夏の花々をはままつフラワーパークで見つけてみませんか。

皆様のお越しを心よりお待ち致してしております。

                      

                       パーク管理課 和久田

 

 

   

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます