園内の様子園内の様子

熱帯のいろんな花

6月の園内の様子 2018/06/19

今年の梅雨はまともな梅雨ですね。しかも今日は強い雨。

病気が蔓延しちゃいます。もう、メンテナンスが大変。

 

そんななか、温室内ではいろんな熱帯の花がたくさん咲いています。

20180619toku-lagerstroemia.jpg

オオバナサルスベリの花が咲いてきました。

ボーダーガーデンを進むと上の方でピンクの花を咲かせています。

バナバと言えば知っている人もいるでしょう。近年、この葉から抽出したエキスが生活習慣病予防で注目されています。

熱帯地域では街路樹としてよく使われていて、まさしく日本でよく見られるサルスベリの大きいバージョンといったところでしょう。

 

20180619toku-torchginger.jpg

トーチジンジャーの花です。

バリガーデンに入り、水が流れている門へと曲がる角で咲いています。

地面からニョキニョキと赤い茎が伸びてきて、その先にメラメラと燃えるような花を咲かせます。

まさしく、トーチ。東京オリンピックが待ち遠しいですね。

 

20180619toku-heliconia-rostrata.jpg

ヘリコニア・ロストラータの花です。

毎年思います。熱帯の花って変わった形の物が多いなと。だから面白いんですけど。

バリガーデンを進んでいくとラクササといってバリの守り神の石像があります。その横で咲いています。

一番咲き進んでいる写真の花は、高い位置にあるので探してみてください。

 

20180619toku-blackcat.jpg

変わった花、2つ目。

その名もブラックキャット

黒い顔(苞葉)からヒゲ(花をつけなかった花柄)がたくさん出ていて、まさしく黒猫。

和名をクロバナタシロイモといい、英名はバットフラワーとかデビルフラワーとかいいますが、やっぱり猫がしっくりくると個人的には思います。

あっ、和名のタシロイモは田代さんが日本に持ち込んだからのようです。

でも、ブラックキャットでネット検索するとアニメやら違うものばかりがヒットするので、調べるときには和名の方がいいでしょう。

バリガーデンの水が流れている門の前に鉢物展示しています。

 

20180619toku-florepleno.jpg

ヤエサンユウカです。

この花からは甘くてとっても良い香りがします。夜になるとますます香ります。

カフェを通り過ぎたところに植えられていますが、その隣にイランイランノキがあるので、この香りがイランイランかと勘違いする方もいます。

イランイランノキは今、花を開こうとしている状態。イランイランの香りを楽しめるのはもう少し後です。

 

そして、

20180619toku-phalaenopsis.jpg

コチョウラン展示は1ヶ月過ぎた今でも健在です。

いやあ、松浦園芸さんのコチョウランは花もちがいい。質のいいコチョウランの寄贈に改めて感謝です。

 

雨でも楽しめる温室へぜひ足をお運びください。

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

前の記事  6月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます