園内の様子園内の様子

初夏の花から夏の花へ

6月の園内の様子 2018/06/15

6月6日に東海地方は梅雨入りし、初夏から夏の花へ少しずつバトンタッチされています。

梅雨空に映えるアジサイは6月下旬まで見頃です。

アジサイは日本原産のユキノシタ科の植物で、シーボルトによりヨーロッパに

もたらされて品種改良が進み、セイヨウアジサイとして世界に広まりました。

       

手まり咲きアジサイ                    アジサイ並木の手まり咲きアジサイ

手まり咲きアジサイは花序のほとんどが装飾花で、花びらのように見えるのはガクです。

     

ガクアジサイ 

花序の周囲に装飾花をつけるのがガクアジサイの特徴です。     

       

花序の中央に両性花(おしべ、めしべ)がある。

周辺には装飾花があり、花弁のように見える部分はガクです。

   

ササユリ 

ササユリは日本原産のユリ科植物で、山林内の吊り橋付近などに

清楚な花を咲かせています。

花の色は白からピンクまで変化に富み、6月下旬まで見られます。

   

アガパンザス

南アフリカ原産の植物で、花みどり館やロウバイ園周辺の花壇で、

清楚で涼しげな花を咲かせています。6月上旬から下旬が見頃です。

   

アメリカデイゴ

南アメリカ原産のマメ科の植物で、芝生広場周辺で、初夏から夏にかけて

燃えるような赤い花を咲かせます。

 

これから夏を迎え、ハスや熱帯植物、食虫植物など、花や葉の形、色合いなどに特徴のある
植物が展示されます。

マクロレンズを装着し、一つ一つの花をじっくり観察すると面白い写真が撮れます。

スマホでも専用のマクロレンズを装着することが可能です。

また、望遠やズームレンズを使ったチョウなどの昆虫を入れた写真も面白いです。

 

夏に向かい、ひと時の潤いやシャッターチャンスを

はままつフラワーパーの花々で味わっていただきたいと思います。

皆様のお越しを職員一同心よりお待ちいたしております。 

                         パーク管理課 和久田

前の記事  6月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます