園内の様子園内の様子

早咲きのサクラの競演

3月の園内の様子 2018/03/09

長かった冬が終わり、ようやく春を実感できるようになってきました。

今年は 2月まで寒さが続き、3月になって急に暖かくなり、

早咲きのサクラが一斉に見頃を迎えました。

ヒナザクラ、ミナトザクラ、ヒナハチジョウなど例年では見頃が少しずつずれていますが、

今年は一斉に見頃を迎えています。

また、冬場の低温が続いたため花ぞろいが良くとてもきれいに開花しています。

ヒナザクラとヒナハチジョウははままつフラワーパーク初代園長古里和夫氏により

育成されました。

     ヒナザクラ

ヒナザクラは3月13日~15日ごろまで見頃です。

 

     ミナトザクラ

静岡県南伊豆町湊で発見。はままつフラワーパーク初代園長古里和夫氏により

地名にちなんでミナトザクラと命名されました。

ミナトザクラは3月15~18日ごろまで見頃です。

 

    
 

    ヒナハチジョウ

ヒナハチジョウは3月18日ごろまで見頃です。

 

早咲きサクラ園周辺では、ピンクのサクラとハナナの黄色のコントラストがとてもきれいです。

ハナナは3月下旬まで見頃です。

  サクラとハナナのコラボ

 

また、クリスタルパレス東側では、シャクナゲモドキがピンク色の可憐な花を咲かせています。

シャクナゲモドキは中国南部から東南アジアが原産のマンサク科の高木です。

   シャクナゲモドキ

 

早咲きのサクラは昨年より開花が遅れましたが、ソメイヨシノの開花は昨年より早そうで、

冬場の低温と3月の高温傾向で、開花期が一斉に進み、きれいなサクラが期待されます。

チューリップの蕾も日に日に大きくなり、花々も春の装いになってきました。

まもなく3月21日の浜名湖花フェスタ2018の開幕です。

職員一同皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

 

                        パーク管理課 和久田

 

前の記事  3月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます