園内の様子園内の様子

もうすぐ立春一足早い春の訪れ 

1月の園内の様子 2018/01/26

まだまだ、寒い日が続いていますが、

日差しは少しずつ強さを増してきました。

桜園では、キンポウゲ科のセツブンソウが見頃を迎えています。

清楚な白い花に春の足音を感じられるようになってきました。

2018.1.26 setubunsou2.JPG2018.1.26 setubunsou.JPG                  セツブンソウ

 

ロウバイ園ではロウバイの可憐な黄色い花が甘い香りを漂わせています。

メジロなど小鳥たちも、甘い蜜の香りに誘われてやってきます。

早春の光で透かしたロウバイの花弁は、まさにろう細工のような繊細さです。

見頃を迎えたマンゲツロウバイは2月中旬までご覧いただけます。

2018.1.26 manngeturoubai.JPG2018.126 manngeturoubai2.JPG                 マンゲツロウバイ

 

今年は12月から寒かったため、ニホンズイセンは2月上旬まで見頃です。

梅園にはニホンズイセンの群落があり、早咲きの梅もちらほら咲きだしています。

2018 1.26nihonsuisen.JPG                 ロウバイ園のスイセン

2018 1.26 nihonzuisen3.JPG                 梅園のスイセン

 

ベトナムユチャはベトナム原産の植物で、青空に映える真っ白い綺麗な花を、

11月から2月上旬にかけて咲かせます。

中国からベトナムでは実から油をとるため広く栽培されています。

.2018.126 betonamuyutys.JPG2,018・1.26 betonamuyutya2.JPG               子供広場南側のベトナムユチャ

 

訪花昆虫が少ないため、冬から早春の花は、香りのよいものや

遠くからでも咲いていることがわかる白や黄色の花が多くなっています。

春の訪れとともに昆虫も活動を始め、野山も色どり豊かな花々に包まれていきます。

これから、はままつフラワーパークでは、ウメ、チューリップ、サクラ、フジ、バラ、

ハナショウブなど花々の競演が続きます。

 

皆様のお越しを職員一同心よりお待ちいたしております。

 

                              パーク管理課 和久田

 

 

前の記事  1月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます