園内の様子園内の様子

2018年 初春

1月の園内の様子 2018/01/01

 

新年あけましておめでとうございます

 

20180101toku-kadomatsu.jpg

2018年元旦 新たな年の幕開けとなりました。

昨年よりも多くの感動をみなさまにお届けできるよう、スタッフ一同精進してまいります。

今年もはままつフラワーパークをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 

お正月らしい寒風の中、元気に咲いている花たちをご紹介します。

20180101toku-hanana.jpg  20180101toku-fusazakisuisen.jpg

左写真より、エントランスではハナナ(菜の花)がお出迎え。

右の写真はフサザキスイセンで、園内各所でみられます。

2つとも香りも楽しめます。

 

20180101toku-roubai.jpg  20180101toku-rose.jpg

左の写真はロウバイです。蝋細工のような透き通った黄色の花びらに、甘い香り。新春にふさわしい、ひときわ輝きを放つ存在です。ローズガーデン入口手前から早咲き桜園へ行く階段途中、ロウバイ園や花しょうぶ園入口で咲いています。

右の写真は、あら、バラじゃないですか。花も小さくなり、よ~く見ると寒さで花びらが傷んでいますが、関東圏やバラで有名な岐阜県などから来られたお客さまからは、「まだ咲いているの?」と驚きの声が聞かれます。

浜松は暖かいんですね。

 

他にも年末にご紹介したサザンカの仲間たちが、屋外の園内各所で咲いています。

 

ここからは冬でもあたたか、大温室バリガーデン内で咲いている花たちです。

20180101toku-dombeya.jpg  20180101toku-amazon-lily.jpg

左写真がドンベヤです。毎年お正月に、紅色のぼんぼり状の花がたくさん垂れ下がり、何となくめでたさを感じるこの花。今年は、まだ高いところにしか咲いていないので、分かりにくいかも。アフリカ東部やマダガスカル原産です。

右写真はアマゾンリリー。純白の花はブライダルフラワーとしても使われます。リリーという名前がついていますが、ヒガンバナ科です。コロンビア原産。

バリガーデンの水が落ちる門に向かって左側のヤシの下にひっそりと咲いています。

 

20180101toku-cattleya.jpg  20180101toku-aeae-fruit.jpg

左写真、カトレアなどのランもこれからがピークです。う~ん、華やか。

右写真は斑入りのバナナ アエアエの実がなっています。葉に白い縞々模様が入りますが、実にも白い筋が入っています。子どもたち、バナナはこんな形でぶら下がっていて、最初は緑色をしているんだよ。

 

このほかにもバリガーデンでは、ブーゲンビレア、ハイビスカス、以前ご紹介したオオベニゴウカンなどなど、いろいろな熱帯の花たちが咲いています。

 

夜間開園「フラワーイルミネーション2017」は14日(日)まで開催。

新年も見どころいっぱいのフラワーパークへ遊びにきてください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

 

 

前の記事  1月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます