園内の様子園内の様子

変わった花

11月の園内の様子 2017/11/18

秋を飛び越して冬がやってきました。

植物の温度管理に気を使う今年ですが、あたたかな大温室のバリガーデン内では、おかしな形をした花が咲いています。

 

20171119toku-aristrochia-tricaudata.jpg

 

今年もやってきました。昨年より多めのエイリアンの襲来です。

この花の名前はアリストロキア トリカウダタ(Aristorochia tricaudata)です。

アリストロキアの仲間は変わった形をしたものが多いのですが、このひょろひょろ伸びた3本足に、フードをかぶったような顔、何とも昔のアニメに出てきそうな姿。

花と書きましたが、これは萼にあたり花びらはありません。メキシコ原産の花です。

 

20171119toku-blackcat.jpg

夏にも紹介しました。黒猫がまたやってきました。

タッカ シャントリエリ(Tacca chantrieri)、またの名をブラックキャットともバットフラワーとも呼ばれます。

こちらも今年はよく咲いてくれます。2年前に株分けし、充実したからでしょうか?

急に冷え込んできたのでビックリしていることでしょう。少し前まで1つ前のエリアで展示していましたが、4日ほど前に温度を高く設定してあるバリガーデンに移しました。

夏より少し小さめの花ですが、う~んネコっぽい。

 

他にもバリガーデンの水の門周辺には

20171119toku-heliconia-pssitacorum.jpg

ヘリコニア プシッタコラム(Heliconia pusittacorum)です。

オレンジのものもあるし、こんな色合いのもあります。

個人的に結構好きな色合いです。

赤、オレンジ、ピンクといった熱帯の花々が咲くエリアにあるからでしょうか?

なぜかこの花を見るとニッコリしてしまいます。

 

20171119toku-calliandra-hama.jpg

オオベニゴウカン(Calliandra haematocephala)です。

赤いパフパフがたくさん咲いています。

雄しべがいくつも突き出しているので、このような形になっています。

 

以上、バリガーデンの水の門周辺で見られる花たちです。メインの通路から少しそれた水が落ちているところですので、通過しないようにご注意を。

他にもきょろきょと見渡せば、いろいろな花が咲いています。あっ、斑入りのバナナの実もなっています。

 

ただいまガーデンシアターではクリスマス展示の準備中です。

8mのモミノキに足場を立てて、飾りつけをしています。

今日の時点でほぼ完成していて、明日の夕方には足場を外し、ツリーの全容が見られます。

温室内のクリスマス展示、そして夜間開園イルミネーションは25日(土)からです。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

前の記事  11月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます