園内の様子園内の様子

フラ、ハロウィン、そしてブルービー

10月の園内の様子 2017/10/06

明日からフラワーパークで「ザ・フラ・フェスティバル」が開催されます。

咲きほこる花の中、風を感じる木々の中で踊るフラを見るのは他とは違って格別。

自然豊かな情景のもと、フラの文化を楽しめる3日間です。

 

それにあわせて大温室内では少し植物を替え、中央にステージを設けました。

 

20171006toku-boeder.jpg

 

20171006toku-sunkungarden.jpg

この温室内のステージではレイメイキングやフラレッスンが行われます。

詳しくはこちら

 

少し季節感にギャップが出てしまいますが、大温室内カフェの周辺ではハロウィン展示をしています。

20171006toku-halloween1.jpg

今年はシックに大人ハロウィンのイメージ。

小さい子どもたち怖がらないでね。

 

20171006toku-halloween-towngarden.jpg

子どもたち、安心してください。

楽しそうなハロウィン展示もあります。

 

20171006toku-halloween2.jpg

ハロウィン衣装も用意しています。

これを着て、ハロウィン展示にまぎれて写真を撮ってみてはいかがでしょう。

 

ハロウィン展示の向かいでは

20171006toku-cananga-odorata.jpg

イランイランノキが咲いています。

アロマテラピーや香水の世界に興味のある方には有名な花です。

葉とほとんど同じ色をしていて、一見どこに咲いているのか分からない花ですが、香りがとても強いのです。

熱帯の花ではよくある夜に強く香るのですが、だんだんと花びらも黄色っぽくなり、昼でも香るようになりました。

といっても、昼だと花に鼻を近づけないと分かりませんが、今年は大人なら直接香りを嗅げる位置に咲いてくれました。この機会にぜひエキゾチックで濃厚な香りを楽しんでください。

※フライベント中は花の咲いている場所に音響機材があり、香りが嗅ぎにくくなっています。ご了承ください。

 

さて、今日はとっておきの情報をお届けします。

フラワーパークにもいるんです。ブルービーが。

 

20171006toku-blue-bee.jpg

みなさんご存知でしたか?

幸せの青い鳥ならぬ、「幸せをよぶ青い蜂」がいることを。

本名をナミルリモンハナバチというそうで、日本での分布域は広いものの、数が減少してきてあまりお目にかかれないようです。だからこれを見たら幸せに?

何はともあれ、きれいな蜂じゃないですか。これを見たときには、世の中にこんな美しい色をした蜂が、しかも日本にいるのか、と衝撃を受けました。

この写真は、当園によく写真を撮りに来てくださるお客様より提供していただきました。

僕にはこんなきれいに昆虫を撮れる腕もカメラも持ち合わせていませんので。

写真提供ありがとうございます。

そのお客様の話によると、すみれ橋から温室へ向かう途中の花壇にこのブルービーが訪れるようです。

ちなみにこの写真に写っている花はコレオプシスです。

出会えたらラッキー。見つけてみてください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

前の記事  10月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます