園内の様子園内の様子

秋の色どり

9月の園内の様子 2017/09/12

少しずつ秋を感じられるようになってきました。

フラワーパークの園内でも秋の花が咲き始めています。

梅園では、早咲きのヒガンバナが見頃を迎えています。

一般的なヒガンバナは赤色ですが、現在開花中の品種はピンクや白、黄色など

色あいも変化に富んでいます。

これから10月上旬にかけて見頃になります。

2017 9.12higannbana(1).JPG2017higannbana(2).JPG2017higannbana (3).JPG園内では、ハギ、オミナエシ、フジバカマ、ススキなど

秋の七草が見頃です。

2017hagi.JPGハギ

野山に自生するマメ科の多年草で、やせた荒れ地でも生育できるパイオニア植物

(栄養の乏しい荒れ地でも生育)で、紫、ピンク、白などの品種があります。

 

2017 9.12ominaesi.JPGオミナエシ

山野に自生するオミナエシ科の多年草で、山の下草刈りが行われなくなって、

自生しているものは少なくなっています。

2017 9.12huzibakama.JPGフジバカマ

川の土手などに生える中国原産の多年草で、日本には奈良時代に渡来したと言われています。

2017 9 .12susuki.JPGススキ

平地や山地の日当たりのよい場所に自生するイネ科の多年草で、

飛騨のかやぶき屋根の材料に使われています。

 

2017 9.12amezisutoseizi.JPG花壇では、サルビア・レウカンサ(アメジストセージ)が咲き始めています。

秋の澄んだ青空のような花色で、これから11月にかけて見頃になります。

 

2017 9.12rouzuhixtupu.JPGバラ園では、ローズヒップティーに使われるロサ・カニナという品種が

オレンジ色の実を沢山付けています。

2017 9 .12barasennteigo.JPG

バラは剪定したばかりで10月中下旬から見頃を迎えます。

秋のバラは紫外線が春に比べ少ないため、花色が鮮明で彩り豊かです。2017 9  (3).JPGお彼岸を迎え、夏の花から秋の花へバトンタッチされ、これから秋本番となります。

10月7日~9日までフラダンスのイベント「フラフェスティバル」がフラワーパークで

開催されます。

秋を感じるフラワーパークへ皆さまのお越しを職員一同心よりお待ちいたしております。

 

                               パーク管理課    和久田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        

 

 

 

     

                                                                                                        

 

 

前の記事  9月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます