園内の様子園内の様子

秋の花壇

9月の園内の様子 2017/09/10

みなさんこんにちは。

季節はすっかりと、秋ですね。

今年の夏は、雨が降らない日が続いたかと思ったらゲリラ豪雨があったり、猛暑日が続いたり、と植物達にもとても過酷な夏でした。

その夏を乗り越えたたくましい花達には、感謝とねぎらいの気持ちでいっぱいです。

 

そして、秋の花壇と言えば、夕暮れ時がお勧めです!

夕陽でほんのり照らされて、日中とは違う、穏やかでどこか哀愁の漂う表情に。

2017.9.10.zinnia1.jpg

グラス類の穂も、より一層雰囲気が増しますよね。

2017.9.10.purple.jpg

こちらのグラスは、ペニセタム・セタケウム。通称パープルファウンテングラスです。

シックな色合いが秋の花壇を引き立ててくれます。

比較的耐寒性が弱いので、浜松でも冬に入る前に掘り上げて、ハウスで養生しています。

 

もちろん日中の光の下でも、夏とは違って、透明感のある光が花を一層美しく魅せてくれます。

2017.9.10.zinnia2.jpg2017.9.10.sennnitikou.jpg

色とりどりのジニアやセンニチコウ。

 

そして季節の移り変わり。秋という季節の趣として捉えてくれたら嬉しいなと思うのが、花の枯れ行く姿です。

2017.9.10.yellow.jpg

賛否ご意見があると思います。

枯れた花は見せるべきではない、と。しかしながら、高台の花壇の一部では、敢えて残してあります。

黄色いルドベキアにに混じる、花が終わった後の茶色いルドベキア。一つの美しい景色に見えませんか?

花もずっと咲いているわけではなく、やはりいつか枯れて次の世代へと種を託すもの。

その姿も美しいと感じることができる、そんなシーンが作れたら良いなと、思っています。

ここでこぼれた種は、来年また、花をつけてくれることでしょう。

 

秋という季節だからこそ、茶色が庭の一つの色素として、受け入れてもらいやすいのかなと、思います。

私自身の、庭を見せる技術をもっともっと磨かなければ、それは伝えられないかもしれません。

植物の命を感じる、伝えたえられる、ガーデンを作りたい。

それが私の夢、精進したいと思います。

 

さて、私事を失礼致しました。

秋はたくさんの自然の恵みを感じることができる季節です。

ぜひ、はままつフラワーパークへ植物達の力をもらいに来てくださいね!

 

パーク管理課の森田でした。

前の記事  9月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます