園内の様子園内の様子

温室の花 7/3

7月の園内の様子 2017/07/03

7月になれば暑くなるもんですね。

急激な日照りに人もですが、植物もヘロヘロで、あわてて夏越し対策を始めています。

加えて、台風がこちらに向かってきているようで、どれだけの影響があるか心配です。

 

本格的な暑さが始まるこの時期、温室内では様々な花が咲いています。

5月下旬に植え替えを行ったガーデンシアター内も植物が大きくなり、見ごたえが出てきました。

20170703toku-border.jpg

 

20170703toku-sankun.jpg

 

上の写真の花壇と花壇の間に植えられているのが

20170703toku-oobanasarusuberi.jpg

オオバナサルスベリです。

高さ6mぐらいの木なので、見上げないと素通りしてしまうかも。

この木の下にはピンクの花びらが落ちているので、気がついたら上を見上げてみてください。

インドや東南アジアなどの熱帯地域原産です。

日本でよく植えられているサルスベリと同じ仲間で、葉も花も大きいバージョンです。

タガログ語ではバナバとよばれ、この葉を煮出したバナバ茶が生活習慣病予防に利用されています。

 

つづいて

20170703toku-medinilla-magnifica.jpg

メディニラ マグニフィカです。

まさしくピンクのシャンデリア。

フィリピン原産で、熱帯地域の植物らしい変わった花の形をしています。

上部のピンクの葉みたいなのが苞(ほう)と呼ばれる部分で、その下にブドウ状についているのが花です。

花は順番に咲いていき、下についているつぼみが咲いて終わりなので、ほぼ1ヶ月ぐらいはこの状態でいてくれます。

バリガーデンへ入る手前で咲いています。

 

20170703toku-plumeria.jpg

プルメリアです。

温室内にはこの赤色の他に、白や黄色っぽいのが植えられています。

香りがあり、ハワイではレイに使われる有名な花です。

この花が好きな女性って、結構多いですよね。

 

20170703toku-yaesanyuka.jpg

ヤエサンユウカです。

インド原産のサンユウカの園芸品種です。

こちらも香りが強い花ですが、残念ながら夜によく香るので、昼間は花に鼻を近づけないと香りがよくわかりません。

温室内カフェを過ぎてメキシカンガーデンに行く途中にあります。

 

まだまだ他にもハイビスカスやブーゲンビレアなど、様々な熱帯地方の花が咲いています。

そして、これからも違う花が咲いてきます。

7月から入園料がタダになりましたが、楽しめる花が無いから・・・というわけではありません。

この時期、ホントにお得です。

 

ぜひとも、この時期ならではのフラワーパークを満喫してください。

みなさまのご来園をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

 

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます