園内の様子園内の様子

八重桜が見ごろに

4月の園内の様子 2017/04/20

春の嵐が続きました。

そこまで吹くかという強い風にもあたり、園内はメンテナンスに追われています。

 

そうした中、桜は八重の桜へとバトンタッチしました。

チューリップはもう少しの間、遅咲きのものが咲いてくれています。

 

20170420toku-hanabatake.jpg

 

20170420toku-turip-nemophila.jpg

ネモフィラとチューリップ。

ほっこり優しさを感じるガーデンです。

 

八重桜は今が見ごろ。

並木の全体美もきれいですが、八重桜は1つ1つの品種に特徴があり、園路を通りながら「この花はこうだね」と、恋人やお友達とおしゃべりするのが八重桜の楽しみ方だと思っています。

では、そんなキャストたちの紹介です。

 

20170420toku-edo.jpg  20170420toku-kanzan.jpg

左の写真は江戸(えど)、右の写真は関山(かんざん)です。

2つともピンク色の桜で、ボリューム感のある花がとってもゴージャス。

関山の花は、結婚式でふるまわれる桜湯にも使われています。

 

20170420toku-ukon.jpg  20170420toku-gyoiko.jpg

左の写真は鬱金(うこん)、右の写真は御衣黄(ぎょいこう)です。

この2つは風変わりな色合いの桜です。

鬱金は薄い黄色、御衣黄は緑色の桜です。

こんな桜もあるんですね。

 

20170420toku-ichiharatoranoo.jpg  20170420toku-fugenzo.jpg

左の写真は市原虎の尾(いちはらとらのお)、右の写真は普賢象(ふげんぞう)です。

この2つは名前が花の特徴を表している桜です。

横に伸びた枝に、もこもこと咲く白い花がつき、葉とのコントラストが虎のしっぽのよう、ということで虎の尾。

花の中心から葉のように変化したおしべが2つニョキっと出ていて、これが普賢菩薩の乗る象の鼻のようだ、ということで普賢象。

昔からある桜ですが、おもしろい特徴ですね。

 

と、こんなことを知っていると、より一層、八重桜を楽しめるような気がしませんか?

 

そして、桜&チューリップからバトンを受け継ぐフジがすでに登場しています。

 

20170420toku-benihuji.jpg

今は鉢植えのものだけですが、これから主役の藤棚が咲いてきます。

鉢植えは鉢植えで違った趣があり、フジの香りがあたりに漂っています。

 

ソメイヨシノが終わってもフラワーパークでは主役級が次々と登場してきます。

フラワーパークの花フェスタを続けてお楽しみください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

 

前の記事  4月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます