園内の様子園内の様子

3/29 ソメイヨシノ開花! 春めく園内!!

3月の園内の様子 2017/03/29

みなさま大変長らくお待たせいたしました。

お客様や報道機関の方々、そして当園のスタッフまでもがみな心待ちにしていたソメイヨシノが、本日やっと開花致しました。someiyosino 20170329.JPG

ここ3~4年の平均より約1週間程度遅くなっております。

園内で開花の早いソメイヨシノは、フラダンスのステージ周辺とハナショウブ園奥のミズバショウ植栽地周辺です。

同じ園内のソメイヨシノでも、土壌や日照、気温などの環境が異なり、早いものと遅いのものでは3~4日程度は開花に差が出ることがあります。

今後の気象条件にもよりますが、来週の中頃にはソメイヨシノもかなり見ごろになってくると思います。

 

ソメイヨシノに先がけて鉢植えのチューリップが見ごろを迎えております。

路地植えのチューリップも来週には見ごろを迎えそうです。

turip201703292.JPG

 

turip201703291.JPGturip201703293.JPG

また、園内では様々な花木が開花しております。boke20170329.JPGこちらはボケの花です。中国原産で日本には平安時代に渡来したと言われています。

 

hakumokuren20170329.JPG以前のブログでも紹介させていただきましたハクモクレンです。かなりの大木なので1本の木でもとても迫力があります。花が青空に映えてとても美しいです。

見ごろは今週いっぱいぐらいになりそうです。

 

rengyou20170327.JPGこちらは上の写真はチョウセンレンギョウです。モクセイ科の植物で園内各所に植えられています。春らしい爽やかな黄色が目を引きます。

tubakibenkei20170329.JPG

 

tubakihikarugenji20170329.JPGこちらはツバキ園のツバキです。上の写真のものは「弁慶」という品種で花の直径は13cmもある巨大輪で一見するとツバキには見えないほどです。

下の品種は「光源氏」という品種のツバキでピンクに白の覆輪が美しい八重咲の大輪です。花の直径は10cm程度です。

IMG_1240.JPG梅園のスイセンもまだまだ見ごろです。今週いっぱいきれいに咲いてくれそうです。約8万球の球根が梅の下の芝生内に植えられております。

 

気温も少しずつですが暖かくなってきて、園内も春らしくなってきましたね。

そんな時はぜひ、はままつフラワーパークへお出かけください。

 

それと、耳寄りな情報です。はままつフラワーパークの入園料は変動制となっておりまして、最高でも1000円です。

実は、はままつフラワーパークで入園料が1000円なのは1年のうちでたった1週間前後、長くても10日ほどです。

はままつフラワーパークが最も美しいのはそのたったの1週間程度なのです。

もし、はままつフラワーパークのホームページで入園料が1000円と表示されていたら、すぐにはままつフラワーパークへ「GO!!」です。

なので前日にホームページを見て900円と表示されていた場合でも、当日の入り口で入園料が1000円になっていたら、「高い」と思わずに「超ラッキー」だと思ってくださいね。

最高のタイミングで来園できたのですから。

 

 

それではスタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

 

パーク管理課   河合

 

 

前の記事  3月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます