園内の様子園内の様子

浜名湖花フェスタ2017 ~温室~

3月の園内の様子 2017/03/17

昨日、「浜名湖花フェスタ」が今年も始まりました。

またまた、この季節がやってきました。

桜、チューリップ、フジ、バラ、宿根草類、花しょうぶ、アジサイなどなど、さまざまな花たちがつなぐこの時期、待ち遠しかった方も多いことでしょう。

 

世界一美しい「桜とチューリップの庭園」はもう少し先ですが、温室の中は早くも春の花が咲いています。

 

20170319toku-border-s.jpg   20170319toku-clematis-doctor.jpg   20170319toku-sankun-side.jpg

 

今回の大温室クリスタルパレス内 ガーデンシアターの展示テーマは

 

「妖精の花園」イギリスの庭から

フラワーフェアリーズの世界

Discover an enchanted Fairy world

 

吉谷桂子先生がデザインした作品です。

先生自らが訪れたイングリッシュガーデンには、本当に妖精がいると感じた庭がいくつもあるそうです。そんな庭を、このフラワーパークでも表現したいという思いから、心を込めて作りこまれました。

ガーデン内には妖精をかたどった飾りがあちこちにあるものの、心がきれいな方は、遊んでいる本物の妖精たちを見つけられるかもしれません。

 

20170319toku-border-n.jpg

キンギョソウ、オルレア、オオデマリなどが咲いています。

 

20170319toku-cascade.jpg

こちらは、イエロー&ブルー。

オンシジウム、ヘリクリサム、カルセオラリア、ヘリオトロープなどが使われています。

 

20170319toku-border-corner.jpg

朝日が差し込むガーデンでは、妖精が花たちに水をあげています。

黒いのは、きのこのシルエット。

きのこと妖精の話はたくさんありますね。

とっても心がやすらぐガーデンです。

 

20170319toku-hunging-panel.jpg

壁にかかっているのは多肉植物で作ったかわいらしいリース。

そして、白のコンテナに植えられたやさしい寄せ植え。

ここがどの場所で、どんな感じになっているかは、来てからのお楽しみ。

 

20170319toku-sankun-center.jpg

正面にはバレリーナのような妖精がいます。

それが水面に映り、まわりには華やかなゼラニウムの花が咲いている。

なんて、素敵な空間でしょう。

 

ここでは紹介できないほど、たくさんの花々が咲いています。

それはまた後ほど。

 

温室カフェの横には、井伊直虎の展示コーナーがあります。

(来週には場所が変わります)

そこに展示してあるタチバナに花が咲きました。

 

20170319toku-tachibana.jpg

甘くて濃厚な香りが漂っています。

井伊家の家紋はこのタチバナの花をモチーフにしています。

 

予告

ヒスイカズラがもうじき咲きそうです。

20170319toku-jadevine.jpg

たくさんつぼみがぶら下がっていますが、そのうちの1つの房の花が開き始めました。

ソメイヨシノ満開と同じ頃から見ごろになると思います。

ランが展示してあるところの正面に立ち、左上方をご覧ください。

1つ1つの花は2~3日で終わってしまいますが、このぶら下がっている房がこれから次々と開花していき、1ヶ月は咲き続けます。

フラワーパークへお越しの際はバリガーデン内に咲くヒスイカズラを忘れずに見ていってください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増 

前の記事  3月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます