園内の様子園内の様子

ツワブキの花が見ごろ!

11月の園内の様子 2016/11/21

園内の秋もだいぶ深まってきました。

園内に植えられているケヤキやコブシ等は紅葉から落葉へ移りつつあります。

この時期は落ち葉がたくさん出るのでスタッフたちは園路の清掃に大忙しなんです。

秋なので多少の落ち葉は風情があっていいものですが、やっぱりある程度はきれいにしておかなければなりませんね(*^-^*)

また、カエデ類の紅葉はまだ色づき始めといったところです。

 

さて、前回も紹介させていただきましたが、園内ではツワブキの花が見ごろになっています。tuwabuki20161121.JPG園内では各所でツワブキのは花が見ごろとなっていますが、バラ園入口からホタルの池方面へ下る山林内の斜面は特に多くの花が咲いています。薄暗い山林内の斜面も、こうして鮮やかな黄色の花が咲き乱れていると、パッと明るくなりますね。

 

sirotuwabuki20161121.JPG

園内には白っぽい花のツワブキも咲いていました。

園内の見回っていた際に偶然発見したものです。真っ白ではありませんが、上の写真のほかのものとは明らかに違う色をしていますね。

園路沿いの比較的わかりやすい場所に生えていますので、頑張って探してみてくださいね。

 

suzurannnoki20161121.JPG

こちらは、現在紅葉のとても美しいスズランの木といいます。私の写真の撮り方が下手なので、うまく色の鮮やかさが出ていませんが、ちょうど見ごろとなっていてとてもきれいに紅葉しています。

スズランの木は、ニッサ、ニシキギと並んで世界三大紅葉樹と言われているようです。

7月にもブログに載せましたがその時はちょうどスズランに似た白い花が咲いていました。

正式名はオキシデンドルム・アルボレウムといい、ツツジ科の落葉高木です。

スズランの木は現在菊花展が開催中の展示プラザ周辺に植えられています。

 

 

himaraya20161121.JPGまた、園内では11月26日(土)のフラワーイルミネーション点灯式に向けての準備が着々と進んでいます。

上の写真はメインエントランスを入ってすぐ右側にある高さ約15mのヒマラヤシーダーという木に職員が電飾をとりつけている風景です。

 

mominokitree20161121.JPG大温室クリスタルパレス内では足場を組んで高さ8mのモミの木に飾りつけをする作業がされております。

 

はままつフラワーパークのイルミネーションの時期の入園料は500円で500円分のお買物券付ですので、実質0円となっております。

週末には皆様お誘いあわせの上、ぜひはままつフラワーパークへお出かけください。

皆様の来園をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。

 

パーク管理課    河合

前の記事  11月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます