園内の様子園内の様子

サボテンの実

8月の園内の様子 2016/08/30

昨晩と今日は強風が吹きました。

地域的なものだったのかもしれませんが、昨晩は一時的に台風か?と思うような風の音でした。

あの苗は大丈夫か、あれは大丈夫かと心配しましたが、ある程度の対策をしていたためか、ダメになったものはなく、ホッとしています。

みなさまのお庭の植物は大丈夫でしたか?

 

さて、本題に。

オオガタホウケン(Opuntia maxima)というウチワサボテンの仲間に実がつきました。

20160830toku-opuntia-fruit.JPG

このサボテンの実、食べられるんです。

ジューシーらしいのですが、僕はまだ食べたことがありません。

メキシカンガーデン入って左に行き、キッコウリュウがある後ろにあります。

見えにくいところですが、かわいい赤い実がぷくぷくとついていますので、ぜひ見ていってください。

高いところにも少しついています。

 

他にも

20160830toku-cananga-odorata.JPG

このブログでは毎度おなじみ、イランイランノキがまた咲き始めました。

咲くたびにここで紹介しているのは、僕の好きな花(というより好きな香り)というのもありますが、せっかく咲いているのに緑色で、最も分かりにくい花だからです。

開花中のラベルはつけているんですが、みんな素通りなので、寂しくて・・・。

夕方になると、ほんのり香ってきます。

 

そして、バリガーデンでは

20160830toku-heliconia-pussita.JPG

ヘリコニア プシッタコルム(Heliconia psittacorum)です。

このブログでヘリコニアの仲間は、たびたび紹介していますが、ヘリコニアの花ってエキゾチックでおもしろい形をしたものが多いですね。

プシッタコルムは大きくならないヘリコニアで、花もかわいらしさがあります。

バリガーデン内に、水が流れている門があります。その向かって左側に植栽されています。

他にもバリガーデンでは、ハイビスカス、ベニヒモノキ、ツンべルギア、プルメリアなどいろいろな熱帯の花が楽しめます。

 

雨が降ったかと思えば、強い日差しですぐに乾燥してしまいます。

朝晩は割と涼しくなりましたが、植物の水不足にはまだまだ気を遣う日が続きそうです。

人も植物も熱中症には注意して、この少しおかしな夏を乗り切りましょう。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしています。

パーク管理課 徳増

 

 

 

前の記事  8月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます