園内の様子園内の様子

おもしろ水生植物

8月の園内の様子 2016/08/27

水生植物は水辺に生育するため、色々な工夫や形をしたものがあります。

おもしろい水生植物を紹介します。

オオオニバスはアマゾン川に自生し、葉の側面や葉の裏側に鋭い刺があり、魚の食害から身を守っています。

Ooonibasu1w2016827.JPG

オオオニバス

                  Ooonibasu2w2016827.JPG

葉の側面と葉の裏側にとげ

 

ハススイレンにもおもしろい発見があります。

 

Oudahasu1w20168.7.JPG

 オオガハス

Ougahasu3w2016827.JPG葉柄に空気が通るがある

 

ハススイレンの仲間には葉柄に空気が通るがあり、ハスには花茎や地下茎(レンコン)にも穴が開いていて根に酸素を供給しています。

また、中国で始まったハスの葉や葉柄を利用し、葉に酒を注いで葉柄の下側から飲む象鼻杯(ぞうびはい)という習慣があります。

Ougahasu4w2016827.JPG

ハスの実

ハスの実はハチの巣の様な形をしています。ハスの名前の由来は、ハチの巣からはちすとなり、さらにハスになったと言わています。

また、ハスの葉の表面には目に見えないぐらい細かい毛か生えてており、雨をはじく効果があり、大雨でも葉が折れにくくなっています。雨の日には葉の上に丸い雨のしずくを見ることができます。

 

花の美しさ以外にも植物の不思議なおもしろさをフラワーパークで発見してください。

皆さまのご来園を、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

 

パーク管理課 和久田

 

 

前の記事  8月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます