園内の様子園内の様子

温室の花 第5弾

7月の園内の様子 2016/07/10

7月になり無料開園になりました。

無料だから花がないと思いっていませんか?

そりゃあ、春に比べると少なくなっていますが、咲いている花はいろいろあります。

特に温室では、前回紹介したものに加えて、こんな花が咲いてきました。

 

20160710toku-goldenshower.JPG

ナンバンサイカチ(ゴールデンシャワー)(Cassia fistula)が咲き始めました。

まだ見ごろというには早いのですが、低い位置のが先に咲いてくれたのでご紹介しておきます。

インド原産の落葉樹で、まさしく、黄色の花がシャワーのように垂れ下がっていて、光を浴びて美しく輝いているってかんじです。

暖かい地方では街路樹や公園に植えられていて、タイの国花に指定されています。

バリガーデンへ入る手前に植栽されています。

 

20160710toku-higoromo.JPG

ヒゴロモコンロンカ(Mussaenda erythrophylla)です。

萼(がく)が赤くなって、そのうちの1つが大きくなって垂れ下がる変わったやつです。

そんな姿がポインセチアに似ているので、サマーポインセチアという名前で売られていることもあります。

カフェの通りからメキシカンガーデンへ入る手前の角に植えられています。

 

20160710toku-passiflora-amethyst.JPG

トケイソウ’アメジスト’(Passiflora ’Amethyst’)です。

トケイソウといえばゴージャスな花のイメージでしょうか。

それに比べるとちょっとシンプルですが、紫色のきれいな花弁が反り返っているのが、何ともいえないかわいらしさを出しています。

トウケイソウの名前は3つに分かれているめしべが時計の針のように見えるから。

言われてみれば確かに、そう見えますね。

バリガーデンを出て、カフェへ向かう途中に鉢で展示してあります。

 

TOPIX

20160710toku-sausage.JPG

 

20160710toku-sausageup.JPG

ソーセージノキ(Kigelia pinnata)の花が咲きました。

当園では5年ぶりの開花になります。

これまた残念ながら夜に咲く一日花、夜中咲いて次の朝には終わってしまいます。

なので、おまけ的な扱いです。

下の写真は今日の17時ごろに上へ登って撮った写真です。

開園と同時にお越しになれば、前夜の花が残っていることもあります。

また、夕方の閉園前にお越しになれば、半開きの花が見られることもあります。

1m50cmほどの長い花序がぶら下がっているので、花が咲いていなくても見ごたえはあるかも・・・。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます