園内の様子園内の様子

温室の花たち

6月の園内の様子 2016/06/09

梅雨に入りました。

外ではアジサイが咲きそろってきました。

20160609toku-ajisainamiki1.JPG

 

20160609toku-ajisainamiki2.JPG

 

昼は太陽が顔を出すと気温がどんどんと上がり、夜の温度も20℃を超える時期となりました。

こうして、夏が近づけば、熱帯の花が次々と咲いてきています。

 

大温室クリスタルパレス内 バリガーデンでは

20160609toku-plumeria.JPG

インドソケイ(プルメリア)の花が咲いています。

ハワイでは有名な花で、レイに使われます。

香りも強い花です。

 

20160609toku-heliconia-rostrata.JPG

ヘリコニア ロストラータです。

ちょっと遠い位置にあるので、こんな写真しか撮れませんでしたが、これからまだ下へと伸び、このカラフルなくちばしみたいなのが増えていきます。

いかにも熱帯らしい配色の花です。

以前に紹介したヘリコニア・ビハイとともにお楽しみください。

 

このほかにもバリガーデン内には、以前ご紹介したトーチジンジャーも開花中です。

 

つづいては大温室のガーデンシアター内です。

20160609toku-medinilla.JPG

メディニラ マグニフィカで、フィリピン原産の花です。

正確にはまだ開花していませんが、見ごたえある変わった形をしていますね。

大きなピンクの傘状のものは苞(ほう)とよばれる部分で、そこからぶら下がってる花がこれから開いていきます。

バリガーデン南側入口手前に咲いています。

 

20160609toku-cananga.JPG

イランイランノキです。

葉と同化して、どれが花って感じの目立たない花です。

が、香りがとても強く、アロマテラピーの世界では有名な植物です。

でも、残念なことに熱帯の花のよくあるパターンで、夜に強く香るんです。

なぜって、花粉を媒介するのが蛾だからです。

子孫を残すためにそんな技を身に付けたのでしょうか。

夜間開園は12日で終わります。まだ咲き始めで香りはそれほど強くはないですが、夜間に来た際には、温室内のカフェ横にあるイランイランノキの花を探し、その近くで香りをかいでみてください。

その香り、分かるかな?

 

最後に月下美人です。

20160609toku-gekkabijin.JPG

月下美人の名のとおり、夜に咲くのが本来なのですが、昼に咲くように数日前から開花調整して展示しています。

一夜限りの花ですので、朝咲かせたら夕方にはしぼんでしまいます。

なので、月下美人はつぼみをつけたのを開花調整し、うまく咲いた時だけの特別展示です。展示してあったらラッキー。

これから9月ごろまでちょこちょこ登場します。

温室入ってすぐのパティオかバリガーデンを北側から出たところか、他の鉢の展示の都合によりいずれかの場所に展示されます。

こちらもよく香る花で、本来は夜中香るのに、昼に咲かせちゃってるので、昼間によく香っています。

 

温室内の夏のディスプレーも植物が大きくなり、見ごたえが出つつあります。

花しょうぶも今が一番いい時です。

花フェスタ2016も残りあと数日。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

前の記事  6月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます