園内の様子園内の様子

初夏の花 第2弾

6月の園内の様子 2016/06/03

花しょうぶやアジサイもきれいに咲いていますが・・・、

スマイルガーデンでは

20160603toku-smile-artichoke.JPG

アーティチョークがいい味出してるし、

 

20160603toku-digitalis-illumination.JPG

ジギタリスの中でも変わりダネのジギタリス イルミネーションや、エリンジウム、

20160603toku-smile-nicotiana.JPG

ニコチアナなどなどがとてもきれいに咲いています。

 

そして、樹木では

20160603toku-mokugenji.JPG

この季節にぴったり、モクゲンジ(Koelreuteria paniculata)が咲いてきました。

英語名はゴールデンレインツリーといって、鮮やかな黄色の花が落ちてくる様子は、まさしく金色の雨。

梅雨の季節にマッチしています。

日本や中国に分布する高木で、滝見橋北側の丸太の形をしたトイレ横に植えられています。

 

20160531toku-acanthus.JPG

つづいて、アカンサス(Acanthus mollis)です。

古代ギリシア時代以降、アカンサスの葉は建築物の彫刻などに描かれていて、ギリシアの国花に指定されています。

大きな葉と長く伸びた立派な花穂は、花壇の中でもひときわ目立ち、圧倒的な存在感を出してくれます。

バラ園の奥などに植栽されています。

 

そして、池水流沿いの青い花を2つ。

 

20160602toku-sanjakubervena.JPG  20160603toku-pontederia.JPG

左写真はサンジャクバーベナ(Verbena bonariensis)で、和名をヤナギハナガサといいます。

この時期の花壇には重宝するし、群生して風になびいている姿はとっても爽やか。

でも、丈夫でこぼれタネでも生えてくるだけに、これうちの周りにあるのと一緒じゃん、という人もいるかもしれません。

 

右写真はポンテデリア(Pontederia cordata)。

池の中に生えている水生植物で、ビオトープにもよく使われます。

とても丈夫で、寒さにも強く、一度植えたら毎年出てきて花を咲かせます。

 

さらに、温室の花もご紹介。

 

20160603toku-heliconia-bihai.JPG

ヘリコニア・ビハイ(Heliconia bihai)です。

まだ完全ではありません。これからもう少し伸びてきます。

赤く見える部分は苞(ほう)とよばれるもので、この中から黄色の花がこれから見えてきます。

今話題のブラジルなどに分布する熱帯の花で、大温室 バリガーデン内に植栽されています。

 

この先、曇りがちな日が続くようです。

梅雨に入るのでしょうか?

雨で風情が増す、花しょうぶ、アジサイをぜひお楽しみください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増

 

 

 

 

前の記事  6月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます