園内の様子園内の様子

門松展示

12月の園内の様子 2015/12/26

皆様こんにちは。

最近は急に冷え込みだしたので、年越しに向けて風邪など引かぬよう、身も心も引き締めたいところです。

 

さて、当園もめでたいお正月を迎えるべく、正門前に門松を展示いたしました。

2016kadomatu.JPG

一番高い竹の長さは357cmと縁起の良い数字を揃え、3か所に結ばれている縄も3回巻き、5回巻き、7回巻きと、同じく「三・五・七」になっています。

竹の両サイドにはそれぞれマツとウメを活け「松竹梅」。

正面にはナンテンとセンリョウを活けて「難を転じる」、更に赤い実は縁起物です。

根元には「紅白」を表したハボタンを植えて大変おめでたい門松になりました。

 

余談ですが、竹を斜めに切って尖らせるこの形(「そぎ」と言います)は、ここ浜松に縁あるあのお方、徳川家康が始めたという説があります。

三方ヶ原の戦いで武田信玄に敗北した家康が、「次こそは討ち取る」という気合と念を込め、竹と武田をかけて先端(頭)を斬ったのだとか。

 

 

ちなみに縄の結びは「海老結び」という種類のもので、その中でもこの形の結び方はフラワーパークオリジナルアレンジです。

2016ebi.JPG

筆者は初めて海老結びにチャレンジしたのですが、シンプルに見えてとっても難しかったです・・・。

ぐるんと反り返った触角と殻がついたような太い胴体で、海老らしさやめでたさが伝われば幸いです。

 

 

2015年も残すところあと少しとなりました。

今年もたくさんの方にご来園いただき、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

来年もより一層頑張ってまいりますので、はままつフラワーパークをよろしくお願い致します。

皆様のご来園を心よりお待ちしております。

 

パーク管理課 冨田

前の記事  12月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます