園内の様子園内の様子

ハスの花が最盛期

7月の園内の様子 2014/07/06

ようやく梅雨らしい気候になってきました。

これまで雨が少なく、日照が多かったためか、今年はハスの花がたくさん上がり、大賀蓮の池全体が清らかな雰囲気に包まれています。

 

20140706toku-oogahasuike.JPG

 

 ここへきての梅雨模様は、これまで雨が少なく、水不足気味だった花や木たちにとっては恵みとなりましたが、一方、ここへきての日照不足は、オオオニバスの葉が大きくなってくれるかが心配になってしまいます。

 

いろんな植物を育てている植物園スタッフのサガでしょうか?

どう転んでも気象との戦いは止むことがありません。

 

さて、ハスの他にもつり橋付近から西側の山林内ではクロコスミアがきれいに咲いています。

 

20140706toku-crocosmia.JPG

20140706toku-crocosmia-up.JPG

 

モントブリチアという名前でも知られています。

この時期、緑ばかりの山の中に色を添えてくれる、ありがたい存在です。

 

また、花みどり館から芝生広場へ向かう坂の途中にはアガパンサスが咲いています。

 

20140706toku-agapanthus.JPG

この蒸し暑い時期に清涼感をもたらしてくれます。

丈夫で育てやすく、園芸品種もたくさんあり、公園の緑化、花壇、コンテナなど、いろいろな場面で使われているのを目にします。

 

台風8号が沖縄に接近中です。こちらの今後の進路も要注目ですね。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増でした。

 

 

 

 

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます