園内の様子園内の様子

温室の中の花

7月の園内の様子 2014/07/02

だんだんと気温も上がってきて、夏がやってきたって感じになってきました。

園内ではスプリンクラーがあちらこちらで回っています。

明日からは雨予報。どんだけ降るのでしょうか?

 

パーク管理課 徳増です。

 

気温が上がってくれば、熱帯地方の植物がぐんぐんと大きくなり、花もどんどん咲いてきます。

 

大温室クリスタルパレスの中では、いろんな花たちが出迎えてくれますよ。

20140702toku-border.JPG   20140702toku-knot.JPG

5月下旬に植え替えた花々もぐんぐん大きくなり、見ごたえがでてきました。

 

20140702toku-oobanasarusuberi.JPG

オオバナサルスベリ(Lagerstroemia speciosa)が咲き始めました。

インドや東南アジアなどの熱帯地方原産で、日本のサルスベリと同じ仲間です。

みなさん、バナバ茶って聞いたことありませんか?

古くからこの葉を煮出して、健康茶として飲まれています。今では、抽出物の錠剤なんかもドラッグストアでみかけます。

入口から入って最初の部屋を出て、しばらく行ってから上を見上げると、ピンクの花が咲いているのが見えます。

 

20140702toku-mussaenda-beni.JPG

ヒゴロモコンロンカ(Mussaenda erythrophylla)です。

サマーポインセチアとかいう名前で売られていることもあります。

白いコンロンカとはちょっとイメージが違いますね。

メキシカンガーデン入口手前のアーチ横に植栽されています。

 

20140629toku-sakurakirin.JPG

サクラキリン(Pereskia nemorosa)です。

確かに桜色といったピンクの花を咲かせるサボテンの仲間です。

といっても、みなさんのイメージするサボテンとは、かけ離れている姿をしていますが、鋭いトゲがたくさんついています。

花はかわいらしく、爽やかなのに、姿はトゲトゲのごっつい感じ。

メキシカンガーデンに入って右側をみると、この花が目に入ってくると思います。

 

TOPIX

20140702toku-gekkabijin.JPG

今日、月下美人の花が咲きました。

月下の美人ではなく、白昼の美人です。

当園では、15鉢ほどの月下美人を栽培していて、開花の数日前より昼と夜を逆転させ、昼間に咲かせて展示しています。

月下美人の花は、咲いてから7〜8時間で終わってしまうので、午後2時〜3時ぐらいまでしか満足に咲いているところはご覧になれません。

 

しかも、昼夜逆転という、ちょっと植物にとってはかわいそうなことをさせているため、基本的には「この日に花が咲きます(展示できます)」ということが言えません・・・・が、たぶん、明日も咲くのがあるんじゃないかな・・・。咲かなかったらゴメンなさい。

 

その日に咲いた場合のみの展示で、これから10月ぐらいまで断続的に展示されます。

展示されているときは、大温室クリスタルパレス内に展示してありますので、出会えたら花と香りを存分にお楽しみください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます