園内の様子園内の様子

心が洗われます

6月の園内の様子 2014/06/29

透明感のある花から漂う気品高き香り・・・

ハスの季節がやってきました。

 

20140629toku-oogahasuike.JPG

 

ハスは古来より、レンコンや実を食べたり、宗教と深くかかわっていたりで、日本人にとって大変親しみのある植物です。

花は清らかさの象徴とされているためでしょうか、このハスの池を眺めていると、仕事を忘れてしまうぐらい、和んでしまいます。

 

写真のハスは大賀蓮(オオガハス)です。

千葉県千葉市検見川の泥炭層の中からハスの実が3粒発見されました。

それをハスの権威者でもある大賀一郎博士が発芽に成功させ、ピンク色の花を咲かせました。

そのハスの実は放射性炭素年代測定によって、何と、2000年前のものであることが分かりました。

恐るべし、ハスの生命力。

今では各地に分根され、2000年の眠りから目覚めた古代ハスとして、多くの人がこの花を楽しんでいます。

 

20140629toku-oogahasu-up.JPG

ハスの花は、開閉を繰り返し、4日目には散ってしまします。

2日目のきれいな花は、朝に開いたと思ったら、昼前には閉じてしまうため、ハスの花を観賞するには、開園と同時にお越しになることをおススメします。

 

フラワーパークでは他にも多くの品種のハスを栽培しています。

大賀蓮などを皮切りに、7月中旬までいろいろなハスの花が楽しめますので、水鳥池まで足をお運びください。

 

その周りにはアジサイがまだまだきれいに咲いています。

20140629toku-hydrangea.JPG

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増でした。

 

 

 

 

 

前の記事  6月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます