園内の様子園内の様子

ローズガーデン見ごろ

5月の園内の様子 2014/05/15

 雨が比較的早くあがったので、お昼近くにはいつものように、たくさんのお客様でにぎわいました。

 

 今の見どころはバラ。華やかな季節がやってきました。

 

20140515toku-rosegarden1.JPG

 

20140515toku-rosegarden2.JPG

 

20140515toku-rosegarden3.JPG

 

20140515toku-rosegarden4.JPG

 

では、今日は1つだけ。品種の紹介です。

20140515toku-rose-lafrance.JPG

ラ・フランス(La France)

 

ハイブリッド・ティーの第1号品種で、これが発表された1867年以前にできた系統をオールドローズ、それ以降にできた系統がモダンローズとよばれます。そう、バラの歴史上、とても重要な品種なんです。

病気にはやや弱く、雨に当たると写真のように花が咲かないこともありますが、ダマスク系の強い香りがあるのもが魅力的です。

 

 

Topics

20140515toku-mtfuji-phalaenopsis.JPG

大温室クリスタルパレス内の「富士山をイメージした青いコチョウラン」が新しいものになりました。

なっ、なっ、ナント、今回のものは20本立ち!(開幕からガンバってくれた前回のは12本立ち)

またまた浜松市中区にある「花美園」さんから寄贈していただきました。

ありがとうの言葉だけでは収まらない、本当に感謝!感謝!です。

 

花博開幕当初からの人気者で、みなさん写真を撮っていきます。時には順番待ちの列ができることも。

でも、多くのお客様に「これ、本物ですか?」とよく聞かれます。

もちろん、造花ではありません。生花ですよ。

 

これは、愛知県豊橋市の松浦園芸さんにより、新たな技術で吸い上げ染色された「ブルーエレガンス」というコチョウランです。日本では唯一、この松浦園芸さんでしか生産されていない珍しい青いコチョウランです。

 

前回のものは上部が真っ白なコチョウラン(染色していないコチョウラン)を使用していましたが、今回、上部のコチョウランは染色具合が薄いものを使用し、雪解け間近の富士山をイメージして作られています。

たぶん・・・。(生産者本人に確認していませんが、きっとイキな演出のはず)

 

他ではなかなか見ることができない、豪華なコチョウランをぜひご覧ください。

 

みなさまのご来園をスタッフ一同、心からお待ちしております。

パーク管理課 徳増でした。

前の記事  5月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます