園内の様子園内の様子

水辺では

7月の園内の様子 2013/07/15

 旧暦のお盆になりました。

 お盆といえばハスの花。

 

20130715-toku-nelumbo-oogahasu.JPG

 

 水鳥の池では「大賀蓮」が咲いています。

 ハスはレンコンを食べることでよく知られていますが、宗教とも深い関わりがあるのもご存知のことと思います。

 お寺へ行くと、仏様の両脇などにハスの花や葉が見られたり、死んだあと極楽浄土へ行き、同じ蓮の花の上に生まれ変わるという「一蓮托生」の語源にもなっていたり。

 泥の中からスーッと伸び、ぽっと美しい花を咲かすことや、高貴なイメージのするあの香り、透明感のある花びらと色合いなど、神秘的な要素がたくさんあり、宗教と深い関わりがあるのも分かる気がします。

 そんなイメージも加わり、ハスの花を見ていると心が洗われ、清らかに。ずっーと眺めていたい・・・・。

 おっと、仕事、仕事 laugh

 

 フラワーパークでは大賀蓮だけでなく、花を観賞するために改良された「ハナハス」を約80品種ほど水鳥の池に展示してあり、そちらも咲き始めています。

 

20130715-toku-nelumbo-whitedouble.JPG

 ハスの花1つは4日の命。

 その間、開いたり、閉じたりを繰り返しますが、1日目は残念ながら開園前に閉じてしまいます。2日目、3日目でも午前中には閉じてしまいますので、ハスの花を観賞される方はお早めにお越しください。

 ちなみに4日目は、外の花びらからヒラヒラと落ちていきます。

 

 そして、水鳥の池周辺でハスの花と一緒にお楽しみいただけるのは

 

20130715-toku-Hibiscus-hamabo.JPG

 

 ハマボウ(Hibiscus hamabo)です。

 関東以西の日本などに自生する3mぐらいになる木で、海岸や河口付近でみられます。最近では庭園樹として使われているのも見かけます。

 ハイビスカスの仲間なので、一日でしぼんでしまう花ですが、次から次へと咲いて、7月中は花が見られると思います。

 

 

20130715-toku-Lagerstroemia-indica.JPG

 

 サルスベリ(Lagerstroemia indica)です。

 中国南部原産の夏といえば、この花。

 漢字で百日紅と書きますが、「百日ぐらい咲いてるよ」というぐらい開花期が長いので、夏の花としてとても重宝します。

 この水鳥の池周辺にあるサルスベリは開花が早い品種で、メインは8月に入ってからになります。

 ちなみに、サルがすべるぐらいに幹がなめらかいうことで、実際のところ、サルは登れるそうです。

 

 夏の花を楽しんで、園内を散策される際には、熱中症対策を忘れずに。

 みなさまのご来園を、スタッフ一同心からお待ちしております。

 パーク管理課 徳増でした。

 

 

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます