園内の様子園内の様子

猛暑は涼しい温室で

7月の園内の様子 2013/07/14

 梅雨が明けたかと思えば、暑い日が続き、あちこちにスプリンクラーを設置しては動かしの、潅水に追われる日々がやってきました。

 昨日少しだけ、どしゃ降りの雨が降り、ここ数日風が出て、少しはマシになりましたが、潅水の手を完全に緩めるほどではありません。

 

 思い起こせば、屋外のジャカランダは今年も花が咲かないどころか、枝先の枯れがひどく出たほどの厳しい冬を過ごしました。そして、ここにきて、連日ニュースになるほどの猛暑続き。

 人も植物もこの大きな環境の変化は、まいってしまいますね。

 

 徳増です。

 

 でも、大温室クリスタルパレス内は意外と涼しく感じると思います。

 ガーデンシアター内はシェードがかけられ、数か所の送風口から風を送っていますので、炎天下の外よりは涼しく感じられると思います。

 

 そんな大温室クリスタルパレス ガーデンシアター内ではナンバンサイカチ(Cassia fistula)が咲いています。

 

20130712-toku-goldenshower.JPG

 

 英名をゴールデンシャワーといって、葉の間から金色の花がシャワーのように垂れ下がっています。

 樹のいろいろな部分が薬用として使われ、タイの国花でもあります。

 

 また、バリガーデン内では、ヘリコニア・ロストラータ (Heliconia rostrata)も咲いています。

 

20130714-toku-heliconia-rostrata.JPG

 鳥のくちばしのような変わった形、そして派手な色彩。まさしく熱帯の花。

 もう少し咲き進むと、もっと長く垂れ下がります。

 前回紹介したヘリコニアと同様、赤と黄色のくちばしみたいのは「苞」とよばれる部分で、下からのぞくと、花がちょろっと見えます。

 

 ガーデンシアター内の夏展示は、花がぐんぐん大きくなっています。

 

20130714-toku-iventcourt-gazebo-south.JPG

 

 

 他にも外には

20130712-toku-murasakinatsuhuji.JPG

 ムラサキナツフジ(Millettia reticulata)。

 大温室クリスタルパレス東側のチューチュートレインが周る、ロータリーに植えられています。

 フジという名前が付いていますが、よく知られているフジとはちょっと違い、花が立ち上がって咲きます。

 

20130714-toku-agapanthus.JPG

 アガパンサス(Agapanthus sp)。

 管理事務所から芝生広場へ下りる坂の途中に植えられています。

 最近ではご家庭の庭でも見かけるようになりました。

 

 そして、ひまわり畑では、暑いのなんてなんのその。咲き誇ってます。

 

20130712-toku-sunflower-garden.JPG

 

 みなさん、熱中症には十分注意して、夏の花をお楽しみください。

 みなさまのご来園をお待ちしております。

前の記事  7月の園内の様子一覧  次の記事

このホームページ内にある写真は、商業取引でない個人的用途に限りご使用いただけます